石川県金沢市の歯医者|ほしば歯科クリニック

石川県金沢市で歯医者をお探しならほしば歯科クリニックにお任せください。

一般診療
HOME >  一般診療  > 予防・小児歯科

予防・小児歯科

予防歯科

  • 予防歯科

    虫歯や歯周病になる前の予防が大切です。定期検診をおすすめします。

    ほしば歯科クリニックでは予防歯科にも力を入れています。
    歯ぐきチェック・歯ぐき掃除・むし歯チェック・・・様々な結果から総合的に判断し予防いたします。
    治療が終われば完了ではなく、健康的な歯を継続するためにも、歯のクリーニングも兼ねて定期的な検診を行うことをおすすめしています。

  • PMTC

    PMTCは歯やお口のエステです。治療ではありませんのでまったく苦痛を感じません。「気持ちいい」し「心地よい」ケアなのです。
    目指すのは終わった後の「爽快感」です。
    専門知識を持ったプロが専用の機器やフッ素入り研磨ジェルを使って歯の清掃(クリーニング)を行うことを言います。歯の表面と歯と歯肉の境の溝など日常の歯磨きでは取り除くことのできないプラーク(細菌の塊)をすべて取り除き、歯をきれいにします。特に、タバコのヤニなどで着色が気になる方や口臭が気になる方、歯槽膿漏の心配のある方におすすめです。ツルツルに磨かれた歯はプラークがつきにくくなります。お口の「きもちいい」健康維持のための環境作りを目的とした処置です。

  • 歯周ポケットの検査

    歯肉炎や歯周病の検査です。歯周ポケットとは歯と歯肉の間の隙間のことを指します。歯周病が進行していくと歯周ポケットが深くなります。
    この歯周ポケットの深さを測定するために専用の器具「プローブ」を使用します。
    この歯周ポケットの深さとレントゲン検査で歯肉のみの炎症である「歯肉炎」と歯を支える骨にまで炎症の及んだ「歯周病」の判定をします。
    深さと同時に、歯の根の表面の状態、歯肉の出血など歯周ポケットの中をよく調べることで、歯周病の進行状態や回復状態をチェックします。

  • 口腔内写真検査

    人の性格が一人一人違うようにむし歯や歯周病につながる要因も人それぞれ違います。歯の形や咬み合わせの違い、癖、生活習慣、免疫力にも人それぞれ違いがあります。こういった様々な要因が重なり、むし歯や歯周病の原因を作ります。
    画一的な治療を行うのは簡単ですが、そういった十人十色な要因を見つけ出さなければ、今後の再発防止にはなりません。
    正しい診断をするためにも、ご来院いただいた際に口腔内の様子を写真撮影しておくことで、経過を確認でき、より正しい診断をすることに役立ちます。歯ぐきの色や、形を記録すると、経過がわかりやすいため、とても重要です。

  • レントゲン検査

    レントゲン(X線)撮影により、歯や歯の根の形、本数、むし歯、歯石、歯周病の状態、歯を支える骨の状態、治療した歯の状態など、目で見て分からないものを調べることができます。
    歯科治療で用いるデンタル撮影では生殖器に浴びる線量は0.003mSv(ミリシーベルト)以下と言われています。また当院では鉛の防護エプロンを必ず使用しますので、その影響はほぼゼロと言ってよいでしょう。レントゲン撮影は安全ではありますが、レントゲン撮影は避けたいという方は遠慮なくご相談ください。

  • 小児歯科

    小児歯科

    永久歯への生え変わり時期はとても大事です。
    皆様のお子様は今おいくつですか?
    子どもの歯から大人の歯へと生え変わる時期はとても大事な時期です。
    子どもの歯が生え始めるのは生後6ヶ月から生え始め、生え揃うのは約3歳頃です。
    この時期に歯磨きを嫌がらずに自分で進んでしていますか?
    大人の歯は約6歳頃から生え始めます。食生活や生活習慣は規則正しく行えていますでしょうか?
    10歳すぎに子供の歯がすべて抜け落ちます。大人の歯へスムーズに移行できていますでしょうか?
    子どもの歯や生えたばかりの大人の歯は酸にとても弱く、むし歯になりやすい状態です。
    むし歯になる前の予防対策を行いましょう。

染め出し

  • プラークコントロール

    プラークコントロール

    歯の表面につく、ヌルヌルとした歯垢(プラーク)、この歯垢にはたくさんの細菌が潜んでいて、
    虫歯や歯周病の最大の原因です。
    虫歯や歯周病を予防するためには、このプラークを除去することが不可欠です。
    歯磨きはプラークを取り除く基本的な方法ですが、正しい歯磨きをしないと、
    毎日磨いていてもプラーク(歯垢)を完全に除去することはできません。

  • そめだし

    きちんと磨けているかチェックしよう!
    プラーク(歯垢)は、歯の色と似た白い色をしており、ちょっと見ただけではきちんと磨けているのかわかりません。まず、正しいブラッシングができているのかどうかを確認しなければなりません。
    そこで、プラーク(歯垢)を赤く染め、歯の色と区別がつきやすくする方法が「染め出し」です。
    染め出しをすることによって、普段プラーク(歯垢)を見落としている所を目で確かめることができ、
    歯磨きの癖(くせ)がわかります。ぜひ試してみてください。染め出しの赤い色は食紅と同じ成分ですので飲み込んでも体に害はありません。

    ・まず、染め出し剤を歯のすみずみまで塗ります。
    ・その後2~3回うがいをして余分な染め出し液を洗い流します。
    ・赤く残ったところがプラーク(歯垢)が着いているところです。
    ・赤いところがなくなるまで丁寧にブラッシングしましょう。
     ブラッシングした後、もう一度染め出しで確認いたします。
    ・染め出しの結果を元に、患者様一人一人に合ったブラッシングの方法を指導いたします。

  • フッ素塗布

    虫歯とフッ素はどのような関わりがあるのでしょうか。人の歯の表面は、エナメル質で覆われています。
    エナメル質は人体の中で最も硬いところですが、むし歯になると溶けてしまいます。
    フッ素はこのエナメル質(ハイドロキシアパタイト)に取り込まれるとフルオロアパタイトというむし歯に強い(溶けにくい)物質に変えることができます。また成熟していない形成期の歯に対しては、より結晶性の高いハイドロキシアパタイトを生成してむし歯に強い歯をつくります。
    自然治癒が可能な初期のむし歯の場合、フッ素を塗ることで治癒を助けることができます。

  • シーラント

    シーラントは、奥歯の溝を物理的に封鎖し、シーラント材の中に含まれるフッ化物により再石灰化作用を促進する虫歯予防法です。4年以上で約60%のむし歯予防効果が認められ、特にフッ化物応用との併用により、虫歯予防効果はさらに高くなります。シーラントは虫歯発症リスクの高い歯に行うと特に有効です。

ほしば歯科クリニックはお客様に最適な医療を提供できるよう、清潔で落ち着いた空間と最新の機器をご用意いたしております。
気持ちのよい笑顔でお出迎えなど、患者様が思わず通いたくなる歯医者を目指しています。
ほしば歯科クリニック
〒920-0922
石川県金沢市横山町1-18
TEL: 076-231-2074
休診日: 木曜午後・日曜・祝祭日